沿革

昭和23年10月 全国開拓農業協同組合連合会創立総会開催
昭和23年11月 全国開拓農業協同組合連合会設立認可
昭和41年6月 開拓牛生産事業プロジェクトチームの編成および研究着手
昭和41年11月 全開連方式乳用雄子牛肥育技術体系の確立
昭和45年4月 「全開連方式乳用雄子牛生産者連絡協議会(略称開拓牛友の会)」の発足と
「開拓牛友の会会報」の発行
昭和45年10月 東京、大阪両食肉市場にて「開拓牛」銘柄の確立
昭和50年4月 試験研究拡充のため、山梨県八ヶ岳より栃木県那須に移転
(畜産技術センター開設)
昭和56年1月 畜産技術センターに研修施設完成
昭和61年8月 「開拓牛友の会会報」を「開拓情報」に統合
平成元年12月 ゼンカイミート株式会社設立
平成4年2月 ゼンカイミート㈱南九州食肉加工センター竣工
平成4年3月 肥育素牛供給基地として岩手素牛センターを設置
平成5年8月 食肉事業部を新設し、開拓牛等部分肉販売の展開
平成12年4月 畜産技術センターの飼養規模拡大のための拡充工事完成
平成14年8月 食肉事業部、人吉食肉センターおよび人吉販売事業所の総称を
「南九州総合事務所」に決定
平成14年10月 人吉食肉センターに研修施設完成
平成19年12月 熊本県に九州畜産センターを設置
平成22年8月 機構改革を実施。東北支所及び関東支所を東日本支所に、
関西支所及び九州支所、食肉事業部を西日本支所へ統廃合
平成24年7月 「ハラル認証」をインドネシアの認証機関から取得